キャベツを食べてバストアップ!?噂の成分、「ボロン」とは?

新鮮な野菜たち

突然ですが「ボロン」って何のことだか知っていますか?楽器の名前じゃありませんよ?
バストアップに関心がある方ならご存知かも知れませんね。ボロンというのは、バストアップに有効とされる成分のことです。
「キャベツを食べてバストアップした。」という話が良く聞かれますが、そのキャベツに含まれている成分にボロンがあります。

 

【ボロンってどんな成分?】

キャベツを食べてバストアップ、という話は聞いたことがあっても、ボロンという成分には馴染みがない方は多いと思います。
ボロンというの英語での呼び方、日本語では「ホウ素」と呼ばれています。
学校の科学の授業で覚えた原子の番号5番目に載っています。人間に必要なミネラルの一種です。

 

このボロンは、摂ったからといって直接バストに繋がる筋肉や脂肪になるわけではありません。
しかし、女性ホルモンの分泌を促す働きがあり、間接的なバストアップに繋がるとして、バストアップサプリなどにも使われることもある成分なんです。

ボロンは、バストアップだけでなく、甲状腺の改善や骨粗しょう症、更年期障害の予防にも注目されている成分です。

 

因みに、害虫退治に使うホウ酸とは別物で、関係ありません。

 

【ボロンでバストアップする仕組みとは?】

ボロンがどういった仕組みで間接的なバストアップ効果をもたらすのかというと、ボロンには女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を促す働きがあります。
女性ホルモンは「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があり、この2つのバランスのいい分泌が、乳腺への刺激となって発達します。
乳腺の発達は、乳腺を守るための周りの脂肪も発達するということに繋がるので、バストアップができるというわけです。

 

また、女性ホルモンのエストロゲンには、肌のハリツヤ、弾力UPの作用もあります。
それを生み出せるボロンは、ただバストアップするだけのものではなく、女性にとって欠かせない成分なんです。

バストアップ成分「ボロン」、おすすめの摂り方教えます

ボロンがバストアップに欠かせない成分だと分かったところで、どうすれば効果的な摂り方ができるのか、おすすめ食材等を紹介したいと思います。

≪ボロンの効果的な摂り方≫

 

〈ボロンが含まれている食材は?〉

キャベツに含まれていることは有名ですが、ボロンを含む食材はたくさんあります。

代表のキャベツに、レタスやブロッコリー(茎)、アーモンドやピーナッツ、エンドウ豆やインゲン豆、りんご(赤)、レーズン、プルーン、海藻類などにも含まれています。

 

〈ボロンの1日摂取量は?〉

女性に嬉しい成分のボロンですが、たくさん摂ればいいというものではなく、摂取目安量があり、その量は1日3mgです。

 

1日3mgと言われてもピンときませんよね。大体の量は下記の通りです。

  • キャベツ…200g(約1/4玉)
  • りんご(赤)…900g(約3玉)
  • レーズン…65g
  • アーモンド…100g
  • 海藻類…30g

 

単品だけで毎日摂りやすいのはキャベツぐらいでしょうか?
ひとつの食材だけで賄うのではなく、いろいろな食材を組み合わせる方が摂りやすいと思います。

 

〈どうやって食べる?〉

野菜などは加熱でカサを低くし多く摂りたいものですが、ボロンは熱に弱いという特徴を持っています。
なので生で取るのが効果的、生で食べれる食材をサラダで食べましょう。

 

〈摂るタイミングはある?〉

特定の栄養素を効率よく吸収したいなら、食前に摂りましょう。
空腹時というのは身体が栄養を欲しているので、この時に摂取した栄養素は、とても吸収率が高くなります。
朝食前に、ボロンを含むフルーツや野菜をスムージーやサラダで軽く摂れば、バストアップ効果も高められます。

 

食材の組み合わせによって、割と無理なく摂れる栄養素です。毎日の食事にぜひ摂り入れてみましょう。

 

※おすすめ関連ページ
筋トレで安全にバストアップ!>>