バストアップのためには太るべし!?噂の真相、嘘?本当?

悩みを持つ女性

「バストって脂肪で出来ているんだから、バストアップしたければ太ればいい。」

バストアップ法を検索すると、こういった記事が結構出てきます。
太った後、胸だけ残して痩せて前より大きなバストを手に入れたという話もよく聞きます。果たしてそれは真実なのか?噂の真相を検証してみました。

 

〈バストアップ=太るは○、体重が増えるは×〉

いきなり結論から入りますが、バストアップのために太るというのは、ある意味では合っています。
バストは9割が脂肪、残り1割は乳腺でできています。バストに触れると柔らかいのは、脂肪なのです。
バストアップのために脂肪をつけるために「太る」のはOKですが、バストアップに繋がらず、ただ体重だけが増えていく「太る」はNGということです。
バストアップに必要なのは、脂肪であって体重ではありません。

 

〈太り方を間違えると失敗する〉

太り方を失敗するというのは、バストサイズはそのままに、体重だけが増えてしまうということです。
脂肪を増やそうと脂分の多いもの、お菓子など糖分の高いものなど、偏ったものばかり食べていると、太りはしてもバストアップにはなりません。

 

〈バストアップの鍵は乳腺〉

大半が脂肪のバストですが、残りは乳腺で出来ています。ですが、わずか1割ほどのこの乳腺がバストアップには必要なのです。
というのは、乳腺が発達することによって、乳腺を守ろうと脂肪が周りに付くからです。

食事の量を増やすと同時に、乳腺の発達に必要な栄養も摂らなくてはなりません。
更にはその乳腺を支える大胸筋、垂れていない形のいいバストのためには、筋肉を維持する栄養も摂っておきたいところです。

 

〈バランス良く太ること〉

バストアップのためには脂肪は必要、でも脂肪だけではダメ。
必要な栄養のバランスをとって太ることで、バストアップできるということですね。

 

バストアップにおすすめの食べ物、ボロンってなに?>>

太るだけではただのデブ!バストアップに必要な栄養とは何?

バストアップするためには、バストの素になるものが必要。特にやせている方は、ある程度太らなければなりません。
でも、ただ太るだけではもとのおデブに逆戻り、バストアップのために効果的な栄養素をバランスよく摂って太る必要があります。

 

バストアップに必要な成分・栄養素・食材一覧

 

ボロン

ミネラルの一種で、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を高めます。

多く含まれている食材…キャベツ・りんご(赤)・レーズン・ナッツ・海藻類など。

 

イソフラボン

エストロゲンに似た働きがある植物性タンパク質。

多く含まれている食材…豆類、大豆製品全般。

 

たんぱく質

血や骨、筋肉など身体の素になり、女性ホルモンの分泌も助けてくれます。動物性と植物性の2種類があります。

多く含まれている食材
動物性(牛乳やチーズなど乳製品全般、肉、魚、卵など)、植物性(豆類、大豆製品全般)

 

ビタミンA

バストアップはしませんが、バストにハリとツヤを与え、美バストを作るうえで欠かせません。

多く含まれている食材…ニンジンやほうれん草、ピーマン、カボチャといった緑黄色野菜。

 

ビタミンC

美肌成分で美バストを作り、バストアップの妨げになるストレスも和らげます。バストアップのためだけではなく、毎日摂っておきたい成分です。

多く含まれている食材…
果物(特にレモンやオレンジなどの柑橘系)や、トマトやブロッコリー、ピーマン、ほうれん草といった緑黄色野菜。

 

ビタミンE

女性ホルモンの働きを活発にします。

多く含まれている食材…オリーブオイルやアボガド、モロヘイヤ、カボチャなど。

 

ミネラル

バストを支える筋肉だけでなく、身体の機能も維持する大切な成分。体内では作れないので、食事から摂る必要があります。

多く含まれている食材…海藻類(ひじき、わかめなど)、魚介類(カキなど)

 

摂り方にも気をつけて

成分を損なわないためには、摂り方も大切です。
例えば、ボロンやビタミンCは熱に弱いので、生で食べられるサラダがおすすめ。
タンパク質は動物性と植物性のものがありますが、片方だけではなく、両方摂る方が効果的です。

 

バストアップに繋がる食材はたくさんあります。いろんな食材を組み合わせて毎日摂れるようにしましょう。

 

※おすすめ関連ページ
筋トレで安全にバストアップ!>>