要注意!ぷるるん女神で婦人科系の病気を発症したという口コミ

びっくり顔の女性

今度はぷるるん女神を飲んでも効果なしという口コミの中から、ぷるるん女神を飲んで婦人科系の病気を発症された方のお声を取り上げて見ましょう。

 

私の場合、ぷるるん女神を4ヶ月飲み続けていたら、子宮に違和感を感じ始めたので、不安になり、婦人科で診てもらったら、子宮内膜症を起こしていた上、子宮筋腫まで発症していました。3ヶ月前の検診時には何もなかったので、先生も驚かれていました。

 

前の検診時から私の身の上で変わった事と言えば、ぷるるん女神を飲み始めた事しかありません。どう考えても、子宮内膜症と子宮筋腫の直接的な原因ではないにしろ、間接的な遠因にはなっていると思います。

 

治療の為に人工的に閉経するので、女性ホルモンを抑制されました。従って、女性ホルモンに影響を与えるサプリは飲まないで下さいと、先生から注意を受けました。

 

ぷるるん女神以外の原因は思い当たりません。コールセンターに電話をすると、サプリが原因で病気になったと言う証拠が無いと言われました。これを証明するのは至難の業です。

 

それ迄のぷるるん女神の効果そのものは、バストアップにも体重減少にも全く何も結果は出ませんでした。効果も得られず、病気になってサプリは飲めないのに、お金だけ払っている惨めな私の体験談です。30代

 

この口コミの方には、非常にお気の毒ですが、現実問題として、ぷるるん女神だけではなく、プエラリアを含むサプリの副作用に関しては、いくつかの報告もありますので、次のページでプエラリアの副作用の危険性とその回避方法についてご説明致します。

 

ぷるるん女神で起こりうる副作用とその回避方法

ぷるるん女神に含まれるプエラリアの副作用には、不正出血などが有りますが、不正出血があると驚いて服用をやめる方も少なくはありません。お気持ちは分かります。但し、副作用が出るのは、効いているという事の証明の裏返しでもあるのです。

 

プエラリアは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするので、生理の循環に合わせて、エストロゲンが放出される卵胞期に飲む分には問題ありませんが、プロゲステロンの分泌が多い黄体期に飲むと、女性ホルモンのバランスが崩れて体調を崩す事もあります。

 

大抵の副作用はこのタイミング、つまり黄体期にぷるるん女神を飲むことで起こります。不正出血の他には、生理不順、吐き気、腹痛、頭痛、抜け毛、にきび等が挙げられます。又、このタイミングで飲むのは効果なしという事も覚えておいて下さい。

 

こうした症状が出たときは、次の卵胞期が来るまで待ってから服用するようにして下さい。卵胞期に飲んでいるのに副作用があるなら、飲む量を減らしてみて下さい。大抵は症状が治まります。身体が急激な女性ホルモンの増加に慣れていない為に驚いているだけです。

 

ですから、ぷるるん女神の飲み方、飲むタイミングとしては卵胞期の7日間と、それに加えてあと2日だけです。7日間あるいは7日〜9日であれば、ぷるるん女神の成分プエラリアの働きを100%生かす事が出来るワケです。

 

1錠を半分や1/4に割る等して、飲む量を調整して下さい。その飲む量は、徐々に増やしていくことで、身体を慣れさせることが可能です。ぷるるん女神に配合されているプエラリアは効き目がある成分であるだけに、1つ間違えば、毒にも薬にもなってしまうのです。

 

毒にも薬にもなると言えば、バストアップを急ぐあまりに用法や用量を守らず過剰摂取すると、これも又、毒になります。ホルモンバランスを崩してしまい副作用が出る事もありますので、絶対に用量より多く飲むような事はなさらないで下さい。

 

安全にバストアップする方法、筋トレをご紹介します>>